Quadcept連携クラウド電子CAD「Quadcept」とのデータ連携により基板作成はもっと効率的に!

QuadceptとElefab™の連携

基板の見積・注文を大幅改善

Quadceptを利用すると、回路設計直後から見積に必要なデータをElefab™に転送可能。
従来の見積サイトのような手入力によるミスや手間から解放されます。

回路設計からElefab連携Quadcept Circuit Designer

回路設計後、QuadceptからElefab™に連携し、発注までの流れをご紹介いたします。

基板設計からElefab連携Quadcept PCB Designer

プリント基板設計後、QuadceptからElefab™に連携し、発注までの流れをご紹介いたします。

便利な部品調達Quadcept Elefab

QuadceptとElefab™が連携することで実現する便利な部品調達のフローをご紹介します。

「Quadcept」から「Elefab」に自動転送できる見積データ

  • タイトル
  • 基板サイズ(X)
  • 基板サイズ(Y)
  • 層数
  • パターン面
  • 材質
  • 材の厚み
  • 銅箔の厚み
  • 最小パターン幅
  • 最小パターン間隔
  • 最小ビア径
  • 最小ランド径
  • レジスト印刷
  • レジストカラー
  • シルク印刷
  • シルクカラー
  • 長穴
  • ピン数
  • 実装面(SMD)
  • 実装面(DIP)
  • 部品表

QuadceptとElefabの連携

QuadceptとElefab™の連携イメージ

設計データから見積条件を自動抽出

Elefab™「見積り作成」ボタンをクリックすると、現在開いているプロジェクトファイル内の回路図、PCB(パネル)シートから見積条件が自動的に抽出され、Elefab™にデータ転送されます。

部品表のアップロード

QuadceptのBOMデータも自動的にElefab™に連携されます。
Elefab™の見積入力画面にて、部品表のアップロードは不要です。
また、自動連携された部品表の確認や編集、アップロードのし直しも可能です。

クイック製造見積

Quadceptのスタートページからはクイック製造見積りを行うことができます。「基板サイズ」「層数」「製造枚数」を入力するだけで、おおよその製造見積を算出することができます。

Quadcept の「Elefab見積り設定」画面

タイトル Elefab™見積入力画面の「タイトル」に入力される項目となります。
項目/値 Elefab™での見積りに使用される値となります。
現在開いている設計シートと値に差異があった場合は、設計シートの値が優先して使用されます。
項目/値 (部品情報) Elefab™にアップロードするBOMファイル内の「メーカー名」「メーカー品番」「Value」として使用する属性を設定します。
設定入力 ファイル読み込みにより値の入力を行います。*.txt形式のファイルが読み込み可能です。
設定出力 各値をファイルに出力します。*.txt形式でのファイル出力が可能です。
初期環境設定に保存する 現在の設定を初期環境設定として保存します。
OK 見積り設定を確定します。
キャンセル 編集を破棄し、Elefab™見積り設定画面を閉じます。